日本のサッカーはUEFAへの参加を望んでいる

日本のサッカーはUEFAへの参加を望んでいる

10月17日、日本代表主将の遠藤洋選手が国内メディアのインタビューに応じ、注目の話題に答えた。 その中には、日本代表の将来計画や、日本代表チーム全体が選択するであろう成長路線も含まれている。 メディアから日本代表がワールドカップのアジア第2次予選に参加する必要があるかとの質問に対し、遠藤氏はワールドカップのアジア第2次予選に参加することが日本チームにとって有益であると明言した。

利点は、より多くの選手が関連セレクションに参加できることであり、これは日本の人材の確保とサッカーの発展にとって非常に前向きな方向です。 デメリットとしては、試合数が多すぎると代表選手の疲労が非常に大きくなり、代表チームでのパフォーマンスに影響を与えるだけでなく、遠征や移動による疲労がクラブでのパフォーマンスにも影響を与えることだ。 結局のところ、日本のほとんどの国はヨーロッパで競争しています。 遠く離れた5大リーグから日本に帰るには飛行機でかなりの距離がかかる。

また、中国や中東のように国土が広大なアジア諸国もあり、ほぼ複数の大陸をまたいで競争する必要があり、それに伴う体力の消耗は軽視できません。 一方で、2026年ワールドカップの競技制度改革により、各地の出場枠配分が大幅に調整されており、アジア予選の体制は現時点では固まっていない。 チーム成績に基づいて順位が決まるのであれば、日本チームは当分第2ラウンドを行う必要はないかもしれない。

もし本当に幸運であれば、ヨーロッパのホームスタジアムを借りて五大リーグに近い地域で対戦するなど、日本の国際選手のニーズを満たす比較的最近の親善試合もいくつか企画するだろうと袁航航氏は語った。 これは良い慣らし効果をもたらすだけでなく、強い相手に対してコーチの戦術的アレンジメントをすべて引き出すこともできます。 もちろん、この取り決めにうんざりしているのは森保一監督とそのチームだ。

同時に遠藤氏は、自身が把握している状況に基づき、世界サッカー連盟にとって、現在のワールドカップ予選の取り決めは完璧ではなく、そのバランスを図るためにさらに新たな計画を提案する可能性もあると述べた。サッカー代表チームとクラブ。 まさに日本サッカー協会がワールドカップの状況を考慮し、大小の事に対して万全の準備を整えていることが分かる。

「最近の試合のパフォーマンスを見ていると、そのような心配はあまりにも大きすぎるように思えます。日本チームはいつでも早い段階でワールドカップの本戦に進出することができます。これはアジアのスケジュールが彼らにとって良いからだけではなく、それはまた、彼ら自身の強さの根本的なデモンストレーションでもあります。 しかし、自分たちの功績を認めるにはほど遠く、日本代表にとってワールドカップ優勝は本当に望むべき成果である。 日本サッカー協会は積極的に準備を進めており、UEFAへの加盟申請とUEFAネーションズリーグ大会への参加を希望していると報じられています。日本代表ユニフォーム2023/24やその他周辺商品にご興味のある方は、こちらをクリックして詳細をご確認ください。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です